医師

精神病は心療内科で改善できる|企業に利用される産業医紹介サービス

雇用促進法による問題

相談

多くの企業が悩む問題といえば、障害者雇用促進法による法定雇用率の問題が挙げられます。この制度は、会社が雇っている社員の数に対して、一定数の割合の障害者を雇わなければならないという制度です。障害者を雇うことで国からの補助金なども得られる一方で、社内での扱いや雇った障害者へのバリアフリー設備の設置などもしなければならないため、多くの企業にとって問題となるのです。さらに最近では、障害者雇用促進法の改正によって精神障害者の雇用も範疇に入るようになったので、問題となっています。身体障害者であれば、仕事が不自由なくできるよう職場の設備を整えれば問題はありません。しかし、精神障害者となると一般の人とは物の考え方や感じ方が異なる場合が多いので、どのように扱えばよいか分からないという企業も多いでしょう。横浜にある心療内科へ依頼することで、企業が雇う障害者へのサポートが行いやすくなるでしょう。産業医として企業で働く障害者へストレスチェックやカウンセリングを行ない、どのような点に苦労やストレスを感じて居るかを調べてくれます。企業側がするべき配慮などを、カウンセリングを通じて横浜の心療内科の医師が伝えてくれるので、扱いの難しい障害者へもしっかりと対応ができるのです。

横浜の心療内科では、依頼をすることでカウンセリングにより、定期的な障害者へのケアも行なってくれます。障害者の多くは、他の健常者とは異なる環境で生活しているので、周りからストレスを受けやすいのです。放置すればうつ病へと発展するので、カウンセリングによってメンタル面へのケアを行なってもらう必要があります。さらに横浜の心療内科では、投薬や認知行動療法などさまざまな治療法を用いて精神病の治療も行ないます。精神障害を患う人でも、症状を徐々に改善させられるので、依頼することで業務効率も徐々に上げられるでしょう。